2006.04.15

春ツアー・芳ヶ平

《2006.04.15-16》

20060415_01春のツアーシーズンだ。
草津温泉スキー場は既に下部がクローズ、上部だけでの営業である。
下の駐車場はこんな感じだ。

ロープウェイを降りて、ヒュッテに直行する。
お昼を食べて、さてゆっくり.....などとできるはずもなく、白根山の北側へミニツアーに出かけることに。

たいした登りでもないのに、息が上がってしまう。
1ヶ月ぶりのツアーだからだろうか?
そういえば、先週の日月と熱を出していたことを思いだす。
春先の体調管理は難しい。
花粉なのか、風邪なのか...

20060415_03右手を見ると池の塔からの尾根が見える。

滑り出しポイントに到着すると、硫黄のニオイとともに強い風が吹いていた。
春先のツアーとはいえ、防寒には注意である。

滑り出しはカリカリの斜面だ。
エッジを効かせながら、テレマークターンで降りていく。
怖々としながらも楽しい斜面である。
それなりに上達はしただろうか?(笑)

下まで滑った後は、向かいの尾根を登り気味にトラバースしていく。
ステップソールの二人は快適そうに高度を上げている。
ステップソール、いいなぁ。

途中、良さそうな斜面があったので、ここからスキーを脱いで直登する。
南向きの緩んだ斜面がとても快適に滑れた。
やはり斜面の向きというのは重要みたいだ。

ヒュッテに戻ったら、夕食までの間、ビールに日本酒。
そして美味しい夕食だ。
みんなで今日撮影した映像を見たり、いろんな話題に盛り上がり、夜は更けていった。
今夜は雪が降るそうだ。

.....

昨夜、雪は降ったようだが、朝には既に止んでいた。
今日は天気も良く、気温が上がるようだ。

朝ご飯を食べ、今日は近くで半日遊び倒す。
こういうのもなかなか楽しいものである。偶には、ね。

下山はいつもの苦しい林道下り。
春は雪の上にゴミが多いので、急にブレーキがかかり、非常に疲れる。
最後に道路を渡って、雪が残っているスキー場を滑り降りて、終了。

草津の温泉で疲れを癒し、友人を駅まで送る。
走り慣れた感のある軽井沢-清里経由で帰着。

やはりツアーは楽しいのだ。
Yoshigadaira_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.05

快適かぐら

《2006.03.04-05》

おきらくな和田小屋に泊まって、かぐらの山を滑ろうと越後湯沢に到着。
まずはお昼を食べようということで、そばのしんばしへ。
へぎそばは太めの10割そばのような食感。
いやぁ、美味しいですね。

スキー場下の駐車場には12時過ぎに到着。
なぜなら、和田小屋宿泊者は、
> 〔特典〕宿泊当日12:00以降に来場された方は、
> その日の午後券は無料とさせていただきます。
だからである。(笑)

上にあがれば、すっかり春の雪である。
今年は雪も多かったが、温かくなるのも非常に早い。
コース上は微妙に滑りにくく、コースの間とか、××なところとかを滑って、本日は終了。

お風呂に入り、夕食は相変わらずたっぷりだ。
宿の人に北雪の大吟醸をごちそうになり、さらに自分たちのお酒で宴会。
そして就寝。

zzz

翌朝、さっそくリフト最上部まで行き、シールを貼る。
天気も申し分なく、とても気持ちよい。

まだ時間もあるので、中尾根あたりを軽く滑ってみたが、斜面の向きを見誤り、激クラスト。
それでもすいすい滑ってくるMモトさんはすごいなぁ。
体重のある自分はクラストを割ってしまって、全然滑れなかった。

気を取り直して神楽峰手前まで移動し、ここからが本番である。Kaguragps

シールを外し、尾根の端まで軽く滑って昼食に。
天気が良いが、風が当たるとやはり寒い。

腹ごしらえをすませ、滑りますよ!
快適なオープンバーンに躍り出る。
雪質も上々、ひっかかることもなく、なかなかスピードが出る。
ビデオ撮影をしていたが、途中で止まるのがもったいないので、下の疎林まで一気に滑り降りる。
「あははh、サイコー!」
思わず無線で叫んでいた。

GPSで位置を確認しながら、トラバースしてゲレンデに合流。
その後、ゲレンデで滑るも、やはりつまらない.....
適当に流して、下山し、温泉に入って解散。

関越トンネルを抜けた先からさっそく渋滞。
帰りは藤岡JCTで佐久へ抜け、清里経由で甲府へ。
渋滞の東京組とあまり変わらない時間での帰着であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.05

芳ヶ平ツアー2日目「快適パウダー!」

《2005.02.05》

ぐーーーっすり眠って、起きたら7時半。
実に9時間近く眠ったか?(笑)
バードの歌で起こされるのは、芳ヶ平ならではである。

美味しい朝ご飯をまたまたお腹一杯食べ、おかわりはまた大盛り。(笑)
コーヒーで一息ついたところで、今日の相談である。
外を見れば、風が強まったり、弱まったり。
天気予報では昼から回復するそうだが、まだその気配は無い。

ツアーコースとしては、登ってから滑るか、滑ってから登るか、どちらかである。
やはり楽しみは後にとっておきたい気持ちが大きいので、今日は池の塔へ向かうことにする。
出発目標9時半。
でも実際は10時?ということで、本当に10時。

外に出て、スキーを履いたところで、風上を見ると、視界がほとんど無い.....
池の塔方面はかけらも見えない状態。
......
隊長から
「いったんスキーを脱いで、作戦会議~」
の号令。(笑)

結局、おとうさんの意見を聞いて、無名の沢を滑り、帰りに登ってくることになった。
地図で見る限り、快適斜面であるが、その分、帰りの登り返しも....
ま、そんなに深く考えるのはやめて、とにかく出発である。

1つ沢を渡りトラバース気味に尾根に登ると、あまり風を感じない。
そのまま尾根筋を進み、左の沢に気を付けながら滑走開始である。

前日の大平なんて目じゃないくらいの快適パウダー斜面である。
みんな叫び声をあげながら滑り降りていく。
滑っては、右にトラバースして、再度滑り降りる、という繰り返しだ。
風も無く、クラストもしていない極上パウダーで脳みそがとろけそうだ。

途中、左の沢に落ちすぎた友人から無線連絡が入り、板を脱いでちょっと崖を登っているという連絡が入るハプニングもあったが、みんな無事に集合。
顔中、全身から大満足の様子である。

小休止の後、後払いの登り返しである。
極上パウダー斜面ということは、それだけ斜度もラッセルもあるということ.....
滑ったトレースを使ったり、尾根に上がって少しでも斜度の緩いところを狙ったりして、またまた10人のラッセルである。
尾根筋を登っているときに足元にクラックが入ったが、無事に通過。
斜度もそれほど無く、それ以上クラックが長くなることもなかったので、一人ずつ静かに通過した。

約2時間強の登り返しでヒュッテ到着。
遅いお昼を食べ、下山開始だ。
おとうさん、おかあさんに見送られ、バード、フロールは吠えまくって(笑)見送ってくれた。

鐘の音を聞きながら、下山ルートへ。
カリカリの斜面を滑り、消えかけた昨日のルートを辿っていく。
いつもならボーゲン地獄の下山ルートだが、新雪があるととても楽だ。
ところどころ、ボブスレー状態で滑りながらも、スピードが出すぎたら新雪に突っ込んでスピード調整。
ヘアピンカーブではショートカットで林間を滑り、あっというまに駐車場へ。

無事下山のあとは、温泉だ。
すぐ近くの温泉で凍った身体を解凍。
湯船にはなぜか背中に絵のある人が4,5人いた。(苦笑)

舞茸蕎麦を食べ、落ち着いたところで帰途へ。
下界は積雪がなかったようで、道路は綺麗に雪が消え、昨日とはうってかわって快適ドライブ。
あっというまの3時間半で甲府に到着。

今回もまためいっぱい遊んでしまった~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.04

芳ヶ平ツアー1日目「ロープウェイ止まる!」

《2006.02.04》

すでに定番となりつつある、芳ヶ平ツアーに行ってきた。
折しもまたまた巨大寒波が到来しているという週末。
ロープウェイが動かないと、下から歩いて登ることに....
うーむ、不安、不安、不安、不安、である。

甲府から下道で清里・野辺山を経て軽井沢経由で草津へ移動。
野辺山から先の下り坂では、カチンコチンの路面で怖々しながらの運転だ。
車の外気温計はマイナス16℃。
うちの車はだいたいプラス3℃の表示になるので、マイナス19℃?
ここは北海道か?
40km/hも出していない直線でいきなりスピンしそうになるくらいの路面状況である。

とはいえ、早朝で車も少ないので、順調に草津へ到着。
第6駐車場へ車を入れると、みんな時間通りに集まってきた。

駐車場のおじさんにロープウェイの状況を聞くと、
「止まってるよ!」(笑顔)
.....
山の上では風速20mだそうである。

あきらめずに、ロープウェイ山麓駅行きのシャトルバスを待つと、
「上には行かないよ」(笑顔)
.......
道路も閉鎖しているそうである。

仕方なく、パトロールにツアー届けを出しに行き、しつこくロープウェイの運行状況を聞くと
「今日は無理だね!」(笑顔)
.......
ゲレンデでは発破で雪庇を崩しているそうである。

ついにあきらめ、下から登る覚悟を決めた。

林道はうっすらとトレースがあるが、新雪も積もっている。
脛ラッセルくらいだろうか?
ま、10人もいるので、大丈夫であろう。

2時間ほど進んだところでお昼である。
途中、追いついてきた地元の人たちに別れを告げる。
ヒュッテまで行くと言うと、時計の電池を運ぶよう頼まれた。
そういえば、パトロールからも凍傷治療の軟膏を預かっていたっけ。
今回は頼まれ事が多いのか?(笑)

相変わらず雪は止まず、林を抜けるとさらに風は強くなってきた。
吹きっさらしなので休む場所も無く、向かい風で顔が動かなくなりそうだが、ひたすらヒュッテを目指して登り続ける。
GPSとにらめっこしながら進むうちに、やっとヒュッテの屋根を発見。
およそ3時間半で、無事バード、フロール、ネージュの待つヒュッテに到着である。

温かい薪ストーブにあたり、ビールで乾杯!
お疲れさまでした。
ピザにパンケーキのおやつも出してもらい、大満足~!
あとは夕ご飯までのんびり.....

あれ?
滑りに行くの?
え?
マヂ?

まだ夕ご飯まで時間もあるし、そういえば今日は滑って無いし、ここで滑らなくちゃスキーヤーじゃ無いって言われるし.....
有志で手を挙げた6人は大平まで滑りに行くことに。

斜面を見れば疲れは吹き飛び、さぁ滑り降り....っと、あれ?ちょっと重い?
しかもパウダーの下に、いやぁ~なクラストがあるようで、山足が引っかかる。
ま、山の雪はいろいろ難しいものだ。
すっきりウハウハとまではいかないまでも滑りを堪能し、登り返してヒュッテに帰投した。

さぁて、お楽しみの夕食の時間である。
石油ランプに火を灯し、ジャズの調べが流れる。
ビールで乾杯だ。
サラダにスープ、唐揚げ、エビチリ、美味しい鮭、美味しいご飯。
そして担ぎ上げた日本酒、ワイン。(笑)
相変わらず、お酒を飲みながらお酒の話。

さすがに下から登ったため、皆早めに眠くなった様子。
22時を過ぎたところで、もうお開きモードである。
翌朝、朝練に行く人は.....居ないようなので、朝食は8時の予定である。
おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.28

ニセコ3、4日目

《2006.01.28-29》

朝起きて、スキーウェアに着替えて食堂へ。
ハイエナらしくないっ!

ところが、どうもMりんが体調不良らしい。
隊長が体調不良.....笑えんっ!

今日1日宿で休んでいるということで、残ったメンバーでスキー場へ。
まず一番上の第4リフトに乗って、昨日の快適斜面を....
あり?
さすがに雪が降らなかったためか、ガッチガチの手強い斜面に様変わりしていた。
うきー、難しい.....
ゲートはというと、上のゲートは開いていない様子。
パトロールの人に
「花園第3は開いてますので」
と言われ、すこし下がったところから外に出る。

さすがに昨日ほどのパウダーでは無かったが、ほどよい感じでパウダー。
しかし、土曜日ということで、人が多い。
どんどんパウダーが食われていくようだ。

2,3本滑ったところで、昼食へ。
今回、木金土日という日程で来たが、快適パウダー斜面を滑るためには、日程は多い方が良さそうだ。
特に土日は当然混むので、平日を丸一日欲しいところである。

午後は適度に滑り、早めに上がる。
さすがに3日目、膝に来ているようだ。(笑)

宿に戻り、歩いて温泉へ行く。
露天に浸かりながら○ールで乾杯。
雪に囲まれた露店はいいですなぁ。

そして宿に戻って夕食。
風邪で倒れている友人には、宿の人にお願いして、おかゆを作ってもらった。
結局、帰る日まで隊長の体調は復活せず。
お大事に~


最終日は午前中だけ軽く滑る。
もう足が品切れである。
気温も上がり、雪質もそれほど良く無いし。

お昼はいつものふじ寿司で。
やはり刺身定食で満腹である。

その後、バスに揺られ空港へ。
おみやげを買い、帰りはあっという間に羽田である。
荷物は北海道から送ってしまったので、身軽だ。

新宿で相方と合流して夕ご飯。
そして特急で甲府へ。
家に着いたのはちょうど日付が変わるころであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.27

ニセコ2日目

《2006.01.27》

天候はまぁまぁなので、スキーの準備をして朝食。
バイキング形式は食べ過ぎてしまうなぁ。(笑)

まずは花園エリアを軽く流し、上の第4リフトへ上がる。
リフトに乗っていると、強い風でとんでもなく寒いが、斜面は非常に快適!
皆の顔がほころんでいる。
ここを2,3度滑ったのち、上の管理外へのゲートが開いた。

トラバースして広い斜面へ滑り込む。
膝パウくらいの超快適斜面。
コレ、コレ、コレ!
これですよ~!
ニセコに期待してたのは!

粉まみれになりながら、ガシガシ滑り降りる。
距離も長く滑れ、とてつもなく快適である。
そして再度、花園第3に乗り、上のリフトに乗って同じコースへ。
2回滑ったところで、一息。

キングベルで昼食へ。
昨日食べられなかった海鮮丼に決定!
やっぱりこれだね。

午後は軽く流すことに。
パウダーで楽しんだ後は、ピステ斜面は疲れる気がする。
スピード出過ぎるし。(笑)

夕方、今日から北海道入りの友人達と合流。
ではさっそく、と、ゴンドラを下りて、すこし登り、見晴コースへ。
板をかついで登らなければいけないので、午後でもパウダーが残っている確率が高いのだ。

なかなか快適なパウダーに舌鼓。
2,3回滑ったところで、本日終了。

宿に戻り、風呂に入って、宴会!
ニセコもついに半分消化してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.26

ニセコ1日目

《2006.01.26》

早朝羽田。
適当に全員集合し、朝ご飯を食べる前に手荷物を預けに行くと、
「こ、このチケットは....」
といって、スタッフにちょっと待つよう言われた。
「え?何かおかしいのか?」
不安な顔をして待っていると、
「もし、全員お揃いでしたら、1つ前の便に変更していただけないでしょうか?」

うーむ....
搭乗予定の便が満席....というか、定員越えて予約が.....?
「では座らずに立って行きます」とか「つり革で大丈夫です」などといった大人げない対応は止めておいて、すかさず搭乗口へダッシュ。
いつも遅れる早朝札幌便だが、早く乗ったのは初めてである。

北海道に着くと、ものすごい風。
北華楼のシュークリームを大量ゲットし、食べ損ねた朝ご飯を食べ、移動のバスに乗り込む。
さすが北海道、外が寒いほどバスの中は暑い。
途中、道の駅でお昼を買い込む予定が、去年あった海鮮丼のお店が無くなっていた。
がっくり肩を落とし、結局お昼にシュークリーム。(笑)
甘党2人と、甘味もいける酒好き2名でよかった、よかった!?

そしてやっとこ宿に到着。
さっそく着替えてゲレンデへ突進だ。

ひらふゴンドラから、今年からできたノーネームリフトを乗り継ぎ、花園エリアへ移動する。
軽く林間を滑り、花園第3を見ると、強風のため運転休止。
仕方ない、花園エリアを下へ滑り、第1リフトに乗る。
ストロベリーも時間切れでクローズしていたため、第2リフトに乗り、連絡コースを経てひらふエリアへ戻った。

再度ゴンドラに乗り、すごい風にびびりながら、降りたところでトラブル発生。
なんと、仲間のビンディングのヒールレバーが折れてしまったのだ。
ビンディングはG3タルガ・ロキシー。
自分ともう一人は、G3のバックカントリーキットを持って来ているが、宿に置きっぱなしだった。

とりあえず降りようということで、ビンディングが壊れた彼女はゴンドラで下山、我々は滑り降りてゴンドラ乗り場で集合することに。
そこから歩いてすぐのところに、高梨さんのショップToyruがあるので、一応寄ってみた。
しかし、残念ながらロキシーのヒールレバーは在庫無し。
高梨さん曰く、
「よく折れるんですよ~」
だそうである....

通常のヒールレバーとは互換があるそうなので、本日は宿に帰ってから修理することにして、巡回バスで帰投した。

ビールを買い出し、風呂に入り、美味しい夕ご飯を食べて、いつも通り宴会モード。
途中、ヒールレバーの修理(交換)を行い、非常に簡単にできたとのこと。
本日は移動の疲れか、皆、早めの就寝。
窓の外ではガンガン雪が降っている。
明日の朝に期待しながら床についたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

関温泉合宿!?

《2006.01.07-09》

毎年恒例となりつつある、関温泉スキー場合宿?である。
昨年からの降雪で、すでにワンシーズン分の雪が降っているような状況らしい。

高速をひた走っていると、新幹線組から連絡が。
JRが黒姫から先に進まないらしい。
急遽黒姫まで迎えに行き、無事3名をゲット。

060207215538そのまま下道で関温泉に行くと、今までに見たことのない雪の壁が待ちかまえていた。
(撮影は7日ではありませんが..笑)

宿に入り、着替えを済ませてスキー場へ。
いつものチケット売り場のおばちゃんおねーさんに癒され、リフトに乗る。

がんがん雪が降っていて、絶好のパウダーコンディションである。
非圧雪斜面を滑ると、場所によりオーバーヘッドの雪でむせかえるくらいだ。
本日は第3が動いていないので、林間や非圧雪ポイントを滑りまくる。
滑っても滑ってもリセットされるコンディション。
昨年と同様である。
年明けからパウダー三昧とは調子が良い!
第3リフトは明日こそは動かすとのアナウンス。
ひたすらお腹一杯に滑って、宿へ帰投。

夜はいつも通り、部屋で宴会。
ついつい飲み過ぎて1時過ぎになってから就寝であった。

翌日、第3が動くまでは適当に流して滑りながら待機。
約1名ほど、二日酔の為、宿でダウン中。(笑)
昼直前頃から合流してきた。

やや気温が上がったのか、昨日より雪が重い様子。
パウダーというより、バウダーコンディションだ。
動き出した第3リフトに乗って、滑り出すが、雪が深すぎてまっすぐしか滑れない....
しかも、転ぶと脱出に大苦労....
今年はこの豪雪のため、コース途中にクラックが口を開けてしまい、コース後半のうち右半分が滑れない状態となってしまっている。
リフトから見ることができるが、かなり怖そうなクラックである。

二度ほど滑ってみたが、今ひとつ爽快感が無いので、裏の沢筋へ滑り込んでみる。
とんでもない斜度だが、パウダーなのでスピードが出ず、まぁなんとか滑れる。
斜面を切ってしまうと表層が流れるので、慎重に滑る。
下まで降りたあとは、狭いボウル状の沢をひたすら下へ。
うーむ、ここで腿が疲れてしまった。

060207215443
その後はメローモード。
軽く流して、長めの休憩。(笑)

そして最後に元ピーターパン裏を滑って駐車場へ行き、明日のことを考えて車の除雪をしてから宿に帰った。
車は見たこと無い物体に変わり果てていた。(笑)

最終日は天気も良く、のんびり流して滑る。
友人のデジカメで動画を撮ったり、ビーコンを埋めて宝探しごっこをしたり。
お昼を食べて、まだ動かないJRで帰る友人を黒姫まで送り、帰途へ。
道路状態も良くなっており、なかなか早く帰宅することができた。
今回も楽しい関温泉であった。
やはり、いいな。ここは。(ニコニコ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.23

ケーキバイキングとパウダー

《2005.12.23-24》

tengallon
今までも何度か行った頃のある、乗鞍のペンション「テンガロンハット
そこのケーキバイキング参戦&乗鞍温泉スキー場でパウダー喰いまくり、に行ってきた。

中央道から長野道へ抜け、松本で降りる。
もちろん通勤割引で50%OFFである。

そこから上高地・高山方面へ向かう道をひたすら走り、途中で乗鞍岳方面へと左に折れた先にテンガロンハットがある。
まずペンションで着替え&割引リフト券を購入。
スキー場へ移動する。

今回、申し合わせはしていないが、友人達が来るとの情報を入手したので、電話してみると、もうちょっとかかるとのこと。
先に軽く滑ることにする。

さすが雪質は最高。
パウダーコンディションである。
ただちょっと風が強く、フード付きリフトが無いこのスキー場は、少々辛いところがある。
また、鳥居尾根のコースでは、なんと強風でネットが飛ばされてしまい、本日はクローズしているそうな。

友人達もまだ到着しないので、先にお昼を食べてしまうことにする。
乗鞍第1ペア乗り場のレストハウスでラーメンを食べる。
スープはちゃんと野菜やらいろいろ煮込んであり、本格的に作っているようだ。
ほどなくして友人達と合流。

その後は国設ゲレンデ上部のかもしかコースで非圧雪を滑り倒し、パウダーランを楽しんだ。
浮く板は気持ちいいですな。(笑)

ペンションに戻り、夕食は魚・肉ありの洋風コース料理。
いつもながら、非常に美味しい。
ケーキバイキングだというのに、きちんと量もあるのだ。

cake01
ゆっくりお風呂に入ってから、さて、メインイベントのケーキバイキングである。

一人で全種類はさすがに無理なので、相方と半分ずつ食べる作戦に。

早くしないと、無くなっちゃう~、ということは無くて、今回はこの積雪(特に関西方面)の為、不参加になってしまった方々もいるらしいので、ケーキは余ってしまうだろうとのこと。
オーナーも「なんでMモトさんが居ないのだ!?」と言っていたなぁ。(笑)

cake02cake03


生ラズベリーがとても甘酸っぱく、チョコレートがとても濃いケーキが美味しかった。
なんとか、ケーキ全種類を食べ尽くし、非常に堪能した。


翌日、焼きたてパンの朝食を食べ、外に出ると車の上に積雪15cmくらいか?
今日も期待できそうだ。

さっそく着替えてスキー場へ。
昨日オープンしていなかった鳥居尾根に上がり、チャレンジコースへ滑り込む。
一昨日も強風でリフトが動かなかったそうなので、都合2日間の雪があるのだ。

脛から場所によっては膝くらいのパウダー。
板をまわしすぎると転んでしまうので、縦に縦に滑っていく。
にゅー板になったこともあるだろうが、やっとパウダーをそれらしく滑れるようになってきた気がする。

緩斜面を下まで降り、リフト2本を乗り継いで鳥居尾根に上がり、コブコブの斜面を滑って、再度チャレンジコースへ。
なかなか手間がかかるが、だからこそパウダーの消費も遅いのであろう。
自分の足で登るよりは楽をさせてもらっているのだ。
贅沢は言えないのだ。

その後、お昼を食べ、数本滑ったところで、我々は退散。
テンガロンハットに2泊する友人達と別れて、帰途についた。

途中、深澤酒店で日本酒を入手し、松本ICより通勤割引で韮崎まで。
いったん家で荷物を整理してから、みたまの湯へ入りに行った。
連休だが、夜も遅いので、それほど混んでいなかった。
いつも通りの甲府の夜景を眺め、のんびり露天風呂につかるのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.17

今シーズン5日目(川場)

《2005.12.17》

忘年会を群馬の友人宅にて行うことになり、ではその前に一滑り、ということで、川場スキー場へ行くことになった。
関越練馬を6時前に入り、100km以内の東松山ICで一度降りる。
これで、首都圏早朝深夜割りで50%OFF。
さらに東松山ICから沼田までは、時間的に通勤割引となり、50%OFFだ。

集合時間ピッタリに、道の駅「川場田園プラザ」に到着。
スキー場の立体駐車場は1000円かかるので、道の駅に車を置き、無料送迎バスでスキー場へ向かうことにする。

オープン当日ということだったので、混んでいるかな?と思ったが、それほどでもないようだ。
今年は雪が多いので、既にオープンしているスキー場の方が情報もあるので、そちらへ流れているのだろう。

kawaba01
まず足馴らしにクリスタルコースを滑る。
ここは縦に長く、緩やかだがスピードの出る斜面のような気がする。
雪が多いとはいえ、さすがに林の中はまだ草が見えている。

何本か滑ったところで、フード付きクワッドリフトが止まってしまった。
うーむ、初日とはいえ....

では早めにお昼、と思って入ったレストハウスのパノラマハウス2Fが開いてない....
うーむ、初日とはいえ....

仕方なくカワバシティまで降りて、一番大きいレストランに入ると、メニューが1/3位しか無い。
もともと高めの値段設定は判っていたが、うーむ、初日とはいえ....

結局、台場軒に入り、カレーやラーメンを食す。
ついでに生ビールも。(笑)

kawaba02
午後になってもまだ上のクワッドリフトは動かず、白鳥ダウンヒルや白鳥スカイラインを滑る。

無名峰のリフトは、まだコース上に草が見えるため、動いてないようだ。
うーむ、圧雪ばかりはつまらん!と思い、ついに白鳥ダウンヒルから林の中へ入り、トラバース。
高度を落とさないように無名峰ダウンヒルへ移動し、まだ草があるが、圧雪されていない雪を楽しむことに。

雪はやや重いが、快適な斜面である。
つい、何度も滑ってしまう。

ここで、友人ににゅー板、Vectorglideを貸してみたら、「面白い!」とのこと。
スピード2割増、楽しさ3割増だそうだ。
ふふふ、で、いつ買うのだろう?>>某M氏。

気が付けば14時間近。
送迎バスの時間が近くなってきたので、本日はこれまで。
でも十分、太ももパンパンになりました。

その後、薪ストーブのある友人宅へ移動し、忘年会。
相変わらずいろいろ食べまくり、呑みまくり、楽しい夜であった。
(早く寝てしまったが...)

本格的にスキーシーズン到来、という感じである。
さてさて、次はどこへ行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)