« 店情報:そば「しんばし」(越後湯沢) | トップページ | 春ツアー・芳ヶ平 »

2006.03.05

快適かぐら

《2006.03.04-05》

おきらくな和田小屋に泊まって、かぐらの山を滑ろうと越後湯沢に到着。
まずはお昼を食べようということで、そばのしんばしへ。
へぎそばは太めの10割そばのような食感。
いやぁ、美味しいですね。

スキー場下の駐車場には12時過ぎに到着。
なぜなら、和田小屋宿泊者は、
> 〔特典〕宿泊当日12:00以降に来場された方は、
> その日の午後券は無料とさせていただきます。
だからである。(笑)

上にあがれば、すっかり春の雪である。
今年は雪も多かったが、温かくなるのも非常に早い。
コース上は微妙に滑りにくく、コースの間とか、××なところとかを滑って、本日は終了。

お風呂に入り、夕食は相変わらずたっぷりだ。
宿の人に北雪の大吟醸をごちそうになり、さらに自分たちのお酒で宴会。
そして就寝。

zzz

翌朝、さっそくリフト最上部まで行き、シールを貼る。
天気も申し分なく、とても気持ちよい。

まだ時間もあるので、中尾根あたりを軽く滑ってみたが、斜面の向きを見誤り、激クラスト。
それでもすいすい滑ってくるMモトさんはすごいなぁ。
体重のある自分はクラストを割ってしまって、全然滑れなかった。

気を取り直して神楽峰手前まで移動し、ここからが本番である。Kaguragps

シールを外し、尾根の端まで軽く滑って昼食に。
天気が良いが、風が当たるとやはり寒い。

腹ごしらえをすませ、滑りますよ!
快適なオープンバーンに躍り出る。
雪質も上々、ひっかかることもなく、なかなかスピードが出る。
ビデオ撮影をしていたが、途中で止まるのがもったいないので、下の疎林まで一気に滑り降りる。
「あははh、サイコー!」
思わず無線で叫んでいた。

GPSで位置を確認しながら、トラバースしてゲレンデに合流。
その後、ゲレンデで滑るも、やはりつまらない.....
適当に流して、下山し、温泉に入って解散。

関越トンネルを抜けた先からさっそく渋滞。
帰りは藤岡JCTで佐久へ抜け、清里経由で甲府へ。
渋滞の東京組とあまり変わらない時間での帰着であった。

|

« 店情報:そば「しんばし」(越後湯沢) | トップページ | 春ツアー・芳ヶ平 »

コメント

あれっ、昨日コメしたつもりが消えてる?

ってなわけで、お元気そうで何よりです。

B襲撃計画は、依然立ちません。

投稿: やまぐち | 2006.04.18 08:59

お久しぶりです。
そろそろ襲撃したいですよねぇ。
相方も行きたいと申しておりました。
とはいえ、まだスキーしてますが。(笑)

投稿: あら | 2006.04.18 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25972/9489728

この記事へのトラックバック一覧です: 快適かぐら:

« 店情報:そば「しんばし」(越後湯沢) | トップページ | 春ツアー・芳ヶ平 »