« あけましておめでとうございます | トップページ | ニセコ1日目 »

2006.01.07

関温泉合宿!?

《2006.01.07-09》

毎年恒例となりつつある、関温泉スキー場合宿?である。
昨年からの降雪で、すでにワンシーズン分の雪が降っているような状況らしい。

高速をひた走っていると、新幹線組から連絡が。
JRが黒姫から先に進まないらしい。
急遽黒姫まで迎えに行き、無事3名をゲット。

060207215538そのまま下道で関温泉に行くと、今までに見たことのない雪の壁が待ちかまえていた。
(撮影は7日ではありませんが..笑)

宿に入り、着替えを済ませてスキー場へ。
いつものチケット売り場のおばちゃんおねーさんに癒され、リフトに乗る。

がんがん雪が降っていて、絶好のパウダーコンディションである。
非圧雪斜面を滑ると、場所によりオーバーヘッドの雪でむせかえるくらいだ。
本日は第3が動いていないので、林間や非圧雪ポイントを滑りまくる。
滑っても滑ってもリセットされるコンディション。
昨年と同様である。
年明けからパウダー三昧とは調子が良い!
第3リフトは明日こそは動かすとのアナウンス。
ひたすらお腹一杯に滑って、宿へ帰投。

夜はいつも通り、部屋で宴会。
ついつい飲み過ぎて1時過ぎになってから就寝であった。

翌日、第3が動くまでは適当に流して滑りながら待機。
約1名ほど、二日酔の為、宿でダウン中。(笑)
昼直前頃から合流してきた。

やや気温が上がったのか、昨日より雪が重い様子。
パウダーというより、バウダーコンディションだ。
動き出した第3リフトに乗って、滑り出すが、雪が深すぎてまっすぐしか滑れない....
しかも、転ぶと脱出に大苦労....
今年はこの豪雪のため、コース途中にクラックが口を開けてしまい、コース後半のうち右半分が滑れない状態となってしまっている。
リフトから見ることができるが、かなり怖そうなクラックである。

二度ほど滑ってみたが、今ひとつ爽快感が無いので、裏の沢筋へ滑り込んでみる。
とんでもない斜度だが、パウダーなのでスピードが出ず、まぁなんとか滑れる。
斜面を切ってしまうと表層が流れるので、慎重に滑る。
下まで降りたあとは、狭いボウル状の沢をひたすら下へ。
うーむ、ここで腿が疲れてしまった。

060207215443
その後はメローモード。
軽く流して、長めの休憩。(笑)

そして最後に元ピーターパン裏を滑って駐車場へ行き、明日のことを考えて車の除雪をしてから宿に帰った。
車は見たこと無い物体に変わり果てていた。(笑)

最終日は天気も良く、のんびり流して滑る。
友人のデジカメで動画を撮ったり、ビーコンを埋めて宝探しごっこをしたり。
お昼を食べて、まだ動かないJRで帰る友人を黒姫まで送り、帰途へ。
道路状態も良くなっており、なかなか早く帰宅することができた。
今回も楽しい関温泉であった。
やはり、いいな。ここは。(ニコニコ)

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | ニセコ1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25972/8554339

この記事へのトラックバック一覧です: 関温泉合宿!?:

« あけましておめでとうございます | トップページ | ニセコ1日目 »